遠征予定

2006年03月28日(火曜日) 01:45

東京は府中市まで企業見学へ赴いてきます。


とりあえず必要そうな物

2005年12月19日(月曜日) 23:41

VAIO C1用に買い足すと便利になりそうな物リスト。


オンラインメモ

2005年12月12日(月曜日) 23:13

明日発表予定のスピーチ原稿。

■1分間スピーチ原稿

富山県内の小中学校では、給食でカレーライスを食べるのに「はし」を使う生徒が増加しているそうです。
「形状が中途半端な先割れスプーン」の不評と、「別に箸でも食べられる」という開き直った意見が合わさって、その風潮が広がっているものと見られています。
中には「日本人なら、はし。カレーでもスプーンは必要ない」と、今後もスプーンとの併用はしないと言い切っている学校もあるみたいです。

調査の結果では、富山県内全体の約4割がこのような状態になっているようなのですが、もう呆れて物も言えません。
こんなふうに何でもかんでも合理化する必要は無いに思えます。
適材適所という言葉があるように、使いやすい物をその時々に応じて使い分けていく事もまた、判断力を鍛えるために必要なことなのではないかと思いますし、もっと柔軟にスプーンとの併用を考えても良いように感じました。

また、この件については保護者や有識者(富山短大の原田澄子教授(調理学、給食管理))も「はしの持ち方を教えるのは大切だが、カレーまで、はしで食べさせることはない」と疑問を投げかけているようで、普段はキチガイじみた意見で学校側に突っかかっていく保護者達に私も今回だけは共感できました。
ホント、世の中狂ってきているなと感じます。


1